SAND STORM

朝ぼらけ

2012年8月10日

Sid Meier’s Colonization – 攻略 > 都市と生産物

Filed under: 未分類 — Tags: , , , — sajin @ 23:10

[基本]

◇街づくり

・土地の選定
食料の確保には農業より漁業が有利。よってCivilizationと違い海がある程度ある土地の方が楽。農業は高価な工具を使用して土地を開発し、かつ漁師より入手困難な農夫を手に入れた後でないと同等の収穫は見込めない。ただし魚は貯蔵できないので魚で消費分を確保しつつ農業で余剰分を獲得していく。

bonus資源は必ずしも必要無いが最低1つは森が欲しい。自前で木が収穫できないとすべてよそから輸送してこなければならないのでかなり面倒。

港街×1

欧州に渡航できる海の近くであることが重要。1 turnで欧州に帰れるか、2 turnも3 turnもかかるかでは結果が全く違ってくる。ここに物資を集め本国との交易を行う。

High sea(白く波立つ海のsquare)へ直接drag&dropすれば、keyboardでの操作によるhigh sea進入>もう一度high seaへ移動してyes/noという手間が省かれる。よって船の移動力でぎりぎり到達できる場所でいい。

工具街×2

鉄鉱石の豊富に取れる山か山岳が2つもしくは山/山岳ひとつとそれを補完できる沼か砂漠のある場所。沼+鉄ではダメ。bonus鉱物資源は枯れる。
一つは工具の大量生産、もう一つは工具→武器に変換して生産を行う。理想を言えば十分な鉄鉱石補給>工具最大生産都市が他のcolony三つにつき一つはあった方がいい。最低でも1:5の割合で工具生産町がないと十分な発展は望めない。

最低限この3つは必要。港町周辺を隙間無く固めて行き、bonus資源があるからと言って意味なく離れた所に作らない。

序盤は一つの街の発展に集中せず、積極的にcolonyを増やし領域を拡張する。また人口は少なくてもいいので幾つかの都市で銀を採掘したりcoat・葉巻・rum酒などを作り、海賊船を得る為に手っ取り早くまとまった金を得る。

特に銀は加工の必要が無く、掘るだけで最高金額で売却できるので長期的に成り立たせるには問題のある場所でも、犯罪者か何かを一人だけ送り込んで掘らせれば資金獲得の近道になる。

一見するとFort Orangeは岬の突端でまともに機能する植民地とは見えないが、high seaに近い港街としての役割、銀の採掘と禁輸後はNew Amsで獲得できない鉄鉱石の補給、New Amsterdam以東に先住民が入ってこないことを利用したcolonist増産、高い確立でここを通る他の欧州諸国の船をFortとartilleryで攻撃といった役割をこなしている。

(more…)


関連記事


2012年6月26日

Advanced Civilization – 攻略

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 22:47

[基本]

・資金=token=都市の関係性

盤上のtoken+国庫のtoken+資金=47で常に一定。これの配分を操作せねばならない。都市は6token換算。
(more…)


関連記事


2011年12月25日

Call to Power II – 情報

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 19:12

Released: November 2000
Platform: Windows
Designer: David White, Tony Evans, Dan Haggerty, Winnie Lee
Developer: Activision
Publisher: Activision

Official: n/a
Forum: Apolyton Civilization Site > Call to Power 2 / Civilization Fanatics’ Center > Call to Power Series / GOG Community > Call To Power 2
Wiki:Wikipedia / Strategy Wiki

※現在Win7 64bitとの相性によりほとんどplayできていない。

1991ADに初代Civilizationが、1996ADにCivilization IIが出され、brandとしてその市場における地位は確固たるものとなった。

IがWindows移植に際してCivNetとしてremakeされた程度で終わったのと対照的に、IIにはConflict within Civilization,Fantasy Worldとscenarioを追加したり世界を置き換えるaddonが出され、さらに派生のAlpha Centauri(February 12, 1999)や、addonとその内容を取り入れたTest of Time(July 31, 1999)がremakeとして出されるなど乱発気味にII系のgameが増殖する。

そういった情勢の中でCiv II系gameとしてTest of Timeと同時期に発売されたのがCivilization: Call To Power(March 1999)で、Call To Power IIはそれから僅か一年半の間で発売された続編になる。表題からCivilizationが外れたのは購入した表題使用権が初代にしか適用されないため。元よりSid Meierは関わっていない。

初作はuser interfaceの出来が悪く、万歳reviewの多い大手review siteでもかなりの低評価を下された。僅か一年半で続編が出たのはその影響が大きかったのだろう。IとIIの内容はβ版と完成版程度の差しかない(大きな違いは、宇宙への植民が取り除かれた程度)。

Civilizationとしては基盤部分においてIIを踏襲しており、そこに進化・改良、data増加などを施した作りになっている。系統としてはCiv IIとCiv IIIの間に位置し、Civ IIIは明らかにCall To Powerを踏まえて作られているが、にも関わらず独自性や進化としてはCtPの方が大きい。

かなりmod friendlyなつくりになっている上、さらに2003ADにActivisionがsource codeを公開したので現在でもbug fixなどのupdateがuser community baseで進行している。

[特徴]

・都市範囲 – 5×5の固定ではなく、人口に応じて大きく拡大。

・貿易 – 特産物は土地の生産力ではなく貿易物品となる。これを貿易路を組んで同じ都市に集積するごとに何倍にも収益が跳ね上がる。

・集団戦闘 – 個々の部隊が別々に戦闘判定を行うのではなく、相互の同じ枡にいる部隊が一度に闘う。

・公共工事 – 土地改良は都市の生産力から差し引いて溜めたPWを消費して行う。改良unitは存在しない。

・奴隷 – 奴隷商人で敵の部隊を捕らえて労働人口に転換できる。奴隷は食糧消費が少ない。

[patch]

Install > v1.1(GOG) > v1.11

>Apolyton CTP2 Edition

official最終はv1.11だが、公開されたsource codeを元に改良版が延々作成され続けている。このApolyton版はどのversionからでも適用可能。

[Trouble]

・起動時にcrashしてdesktopに落ちる

[install path]\ctp2_data\default\videosの.aviを別の場所に退避。errorが起きなくともgm001.aviを除いておけば起動時間は短縮される。

・64bit版Windowsで数turn playすると高確率でCTD

回避不能。将来的にpatchが対応することを祈る他ない。

Windows 7 stability @ GOG Community Discussion

[Link]

シヴィライレボリューション – Call To Powerの解説と攻略


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net