SAND STORM

朝ぼらけ

2009年10月24日

Galactic Civilizations series – 情報

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 05:46

Galactic Civilizations I

Released: March 26, 2003
Platform: OS/2,Windwos
designer: Brad Wardell
Developer: Stardock
Publisher: Strategy First,Stardock
Engine: original

Official: Galactic Civilizations – The definitive space based strategy game
Forum: Galactic Civilizations: Galactic Forum / Apolyton Galactic Civilizations forum
Wiki: Galactic Civilizations Wiki / Wikipedia

人類を率いて銀河を探索・開発・拡大・征服するturn-basedの銀河帝国建設4x game。元はOS/2で開発販売され、Windows版はそれをremakeしたものになる。

[Edition]

expansion: Altarian Prophecy

Complete/Ultimate Edition=Galactic Civilization+Altarian Prophecy

本体とAltarian Prophecy、Impulse以前のpatchをまとめたUltimate/Complete Editionでの入手が一般的。

[Patch]

install -> v1.2 -> v1.22

Complete Editionはv1.2済。この1.2はfree expansionが入っている。これ以後もpatchはでているが、Impulseに登録して、Impulse経由でのみ可能。

1.serialとmail addressを入力してlinkを発行してもらう

v1.20までしか不可能

2.Stardock Centralでaccounを作成してregister後download

accountのmail addressが製品登録時のaddressと異なる場合不可能。

3.Impulseで適用

左上の設定Icon > Register Product > 右下の青く光るAdd Registrationを開く

serial number: gameに付属するもの
E-mail address: 製品と関連づけられたものでないと駄目
Category: game
Product: Add-onとの組み合わせなどにより細かく異なるので注意。1のUltimate Editionの場合は、”Galactic Civilization”であるのに対し、2のUltimate Editionの場合は”GalCiv II -Ultimate Edition”で”Galactic Civilization 2″ではないので注意。

installしたprogramをImpulseに認識させるには左上の設定Icon > Detect Application > Product Category:My gamesでProduct:Galactic Civilizationてinstallした場所をbrowseしimport


Galactic Civilizations II

Released: February 21, 2006
Platform: Windwos
designer: Brad Wardell
Developer: Stardock
Publisher: Stardock
Engine: Custom (Lib3D, Kumquat)

Official: Galactic Civilizations II
Forum: Galactic Civilizations II: Dread Lords/ Apolyton Forums >Galactic Civilizations
Wiki: Galactic Civilizations Wiki /Wikipedia

[Edition]

Galactic Civilizations II: Dread Lords

expansion #1: Dark Avatar
expansion #2: Twilight of the Arnor

Ultimate/Endless Universe: Dread Lords+Dark Avatar+Twilight of the Arnor

[Patch]

Steamでの自動適用以外、accountへのlog-inやImpulseが必要。

Galactic Civilizations II Downloads

Stardock: Stardockのaccountに入ってからdownload

Impulse(Gamestop)/retail: Imupulseのclientからupdate。boxで買った場合も同様。

Steam: automatic


関連記事


Sins of a Solar Empire – 情報

Filed under: 未分類 — Tags: , , , — sajin @ 05:45

Sins_of_a_solar_empire_0002

Released: February 4, 2008
Developer: Ironclad games (Canada)
Publisher: Stardock Corporation (USA)
Engine: Iron engine

Official: www.sinsofasolarempire.com
Forum: forums.sinsofasolarempire.com
Wiki: Wikia / Sins of a SOLAR EMPIRE Wiki*

銀河視点から個艦視点まで一瞬でzoom In/Out可能な宇宙を舞台にした戦略級の惑星開発と戦術級の戦闘を一体で行うreal-time 4X game。

[Edition]

add-on #1:  Entrenchment
add-on #2: Diplomacy

Trinity = 本来+Entrenchment+Diplomacy

Entrenchment,Diplomacyはdata追加型の拡張だが、installしても拡張を当てない本体のみを個別に起動可能。

[Patch]

すべてStardockの販売・管理toolであるImpulseが行われる。

Protect: Impulse経由でしかinstall/updateできないので実質それがprotect。


関連記事


Sins of a Solar Empire – play log vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: , , — sajin @ 05:43

◇問題の多い外交 第二回

実質Peace Treaty(平和条約という名に反して実質同盟)にまで至る経路は決まっている。

1.最初金1000など資源を寄越せと言ってくるので渡す -> 25%
2.その友好度を利用して貿易協定を結ぶ
3.もう一度資源を寄越せと言ってくるので渡すか、もしくは特定の敵(playerに隣接する敵)の船破壊or施設破壊を言ってくるので達成 -> 50%
4.50%を利用してCease Fire協定。これで攻撃されなくなる。
5.攻撃対象撃破mission達成 -> 75%
6.75%を利用してPeace Treaty。これでgame終盤までやられることはなくなる。
7.Peace Treatyまで行ったら、船視野・星視野を共有可能。

最低限Cease Fireをmission対象以外のAIすべてと結ばねばならない。

・playerが二つの敵に攻撃された場合、戦略目標を達成できないまま別方向に軍隊をひきずり回されて消耗し最後には滅びる。
・Cease Fireを結んでいないAIはどんな遠隔地であろうと最優先でplayerを攻撃してくる。

でないと、この二点により嬲り殺される。また開始早期に友好度を獲得するために資金・資源を差し出し回らねばならないのは結構なhandicapになる。

とにかくmission達成とAIの判定すべてをひっくるめた外交system全体があまりに柔軟性に欠けている。

・”Cease Fire”が疑似peace treatyになっている
・AIが戦略的利害でなく友好度ですべてを判定する

mission達成で得られるbonus自体はそこそこおいしいが、この二点を直さない限り、singleは柔軟性のある面白いgameにならない。戦略gameというよりまるでPuzzle gameのようだ。

またAI playerが強いのはこの外交という名前のplayer袋だたきsystemがあるからで、optionで外交関係をLockすると、それまで執拗にplayerに襲いかかってきていたのがほぼ消え失せ、まるで弱くなる。この馬鹿馬鹿しいぐらい極端な変化は、外交onの場合AI同士が片っ端から”Cease Fire”を結びまくっていることを意味し、一旦その下駄が履けなくなると、AI同士は相互に足を引っ張りあってまったく有効な攻撃ができないことを示している。実際、技術開発を進めて敵の動きを監視できるようになると、AI playerの軍団が意味もなく同じrouteを右往左往している様を見ることができる。

歪んだ外交systemが馬鹿なAIを野放しにしているといっていい。

(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net