SAND STORM

朝ぼらけ

2013年6月15日

Chariots of War

Filed under: 未分類 — Tags: — sajin @ 00:25

Released: March, 2003
Platform: Windows
Designer: Iain McNeil
Developer: Slitherine Software / Paradox Interactive
Publisher: Strategy First > Matrix Games&Slitherine Software
Engine: Legion

Official: Chariots of War | Slitherine Ltd
Forum: Slitherine Forums
Wiki: Wikipedia

Assyrian(アッシリア)、Hittites(ヒッタイト)など、B.C.2000~1000頃の青銅器時代の文明勢力を担当して勢力拡張を行う、turn-basedのstrategyと処理のみreal-timeの戦闘を組み合わせたgame。

Legionのgame engineを用いた同系作品で二作目に当たる。Slitherine Software | Wikipedia

一応開発のcreditsにParadoxの名前があるが、3D Artと現地販売でのlocalize程度で製作はあくまでSlitherine。現在は共同事業を営むMatrixもしくは自社で販売中。

(more…)


関連記事


2010年8月17日

World War 2: Time of Wrath – German 1939 play log vol.2

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 21:01

◇Barbarossa作戦発動

Britain島とIrelandを完全制圧し、十分機甲師団を整えた上でBarbarossa作戦を発動しようと思っていたが、まだ対英戦を終えていない段階でSovietは仕掛けてきた。向こうから宣戦布告してきたのだ。独ソ国境沿いには隙間なく歩兵師団を貼り付けておいたが、同盟国のRomania方面はまた手薄で機甲師団も国境沿いにはおらず、到底準備が整っているとは言えない。

この時点で

独:歩師30\歩軍79\機歩師0\機歩軍11\機甲師0\機甲軍1
蘇:歩師145\歩軍92\機歩師43\機歩軍14\機甲師65\機甲軍15

と恐ろしい数の差がある。しかしBarbarossa作戦の効果は出てており、奇襲効果のため赤軍はefficiencyが10%を切っていた。この奇襲効果からの回復は数turnでようやくefficiencyが10%ずつあがっていくという程度なので、序盤は圧倒的に有利に事が進む。

(more…)


関連記事


World War 2: Time of Wrath – German 1939 play log vol.1

Filed under: 未分類 — Tags: , — sajin @ 20:17

◇Poland侵攻、ついでにBalt三国も制圧

開始直後の状況。すでにPolandとは戦端を開いており、どんどん攻め込んでいかなければならない。しかし、Poland軍は決して弱い相手ではなく、gameに慣れていないこともあって、いたるところで苦労させられた。この段階で気づいたのが一斉攻撃がとても有効ということと、戦術爆撃機の攻撃力は低く、しかも損害を負いやすいため補充costばかりかかって無闇に使うといい結果にならないということ。

歴史eventの多いgameで、史上本当にあった艦や部隊を作りますか?といったものや、他国が~の作戦をとったというものがしょっちゅう起きる。前者だとPPと引き換えに部隊が増えるし、後者だとPPやefficiencyに影響し、たとえばRussia侵攻だと、Moscow前面に要塞が一挙に構築されたり、大都市占領でゴソっとPPが入ったり、主要都市陥落でefficiency有利になったりということが起きる。

(more…)


関連記事


Older Posts »

sand-storm.net